MENU

Eveはゴーストライター?みけねこのLINE流出が気になる

この記事では、Eveはゴーストライター?みけねこのLINE流出についてまとめています。

  • みけねこのLINE流出について
  • Eveはゴーストライター?
  • ゴーストライターに罰則はある?

についてお伝えしていきます!

結論から言うと、ゴーストライターである根拠が薄いので可能性が低いです。

目次

みけねこのLINE流出について

YouTubeやツイキャスなどで活動しているVTuber・みけねこさんがとある人物に相談した内容のLINEが流出しました。

流出した経緯については判明していませんが、相談された方が流出させた可能性も考えられます。

 

その相談内容中にシンガーソングライターEveさんの内容が記載されており、注目を集めています。

内容は、Eveさんがゴーストライターであるとのこと。

当時のLINEがこちら↓↓

まふまふさんがみけねこさんに「Eveくんはゴーストライター」という内容のLINEを送っています。

この文章を見ると確かにEveさんはゴーストライターなの?という疑問が湧きますよね・・・

 

ということで、今回はEveさんが本当にゴーストライターなのか調べてみることにしました。



Eveはゴーストライター?

Eveさんはゴーストライターを利用して作詞作曲しているのか?

こちらについてお伝えします。

結論は、冒頭でもお伝えしたとおりゴーストライターの根拠が薄いので可能性は低いです。

その理由は2つあります。

みけねこの信憑性が低い

先程のLINE流出画像からEveさんがゴーストライターでは?との噂が広まっています。

LINE流出の話の流れを見ると、主となる相談内容から脱線して相談者に対し、

「まふまふさんがEveくんはゴーストライターだから曲を依頼しないほうがいいよと言われた」

「周りの友達の悪口を言われた」

と話しています。

 

根拠もなくただ悪口を言われただけなので、全くこの文章に信憑性がありません。

いわゆるげなげな話です。

この文章に確信を付く理由があれば、まだ可能性がありますが回り回ってきた噂話なので、今のところEveさんがゴーストライターであるという断定をするには信憑性に欠けると思います。

Eveは編曲者を公表している

2つ目の理由は、Eveさんは編曲者を公表しているからです。

Eveさんは、作詞・作曲以外に編曲という方を公表しています。

例えば・・・

作詞・作曲:Eve(シンガーソングライター)
編曲:Numa(ギタリスト・編曲家)

と記載されています。

 

編曲家というのは、作曲家が作ったメロディに前奏、伴奏、間奏をつけたり、ハーモニーやコード、リズムに変化を加えたりして楽曲を仕上げます。

作詞・作曲をした譜面に楽曲をつけるというもの!

この編曲家という方の存在を勘違いした可能性もあります。

 

まふまふさんとみけねこさんの当時の会話内容は不明ですが、話の中で編曲家の話になりどちらかが曲解してEveさんはゴーストライターではないか?という誤解を招いた可能性もあります。

 

上記の理由から、Eveさんはゴーストライターである可能性が低いです。



ゴーストライターに罰則はある?

ゴーストライターにはどのような罰則があるのかについて調べました。

ゴーストライターとは、【他人の作曲を自身の作曲と偽ったこと】を意味します。

 

ゴーストライターを利用して、作曲した場合以下の刑罰に処されます。

著作権法第121条では,著作者名詐称罪が定められています。これは,著作者ではない者の氏名を著作者名として表示した著作物の複製物を頒布した者は,1年以下の懲役若しくは100万円以下の罰金に処されるというものです。

引用

作詞家がゴーストライターを利用するとかなりのリスクが伴います。

もしバレたらイメージダウンにも繋がりかねないよね

Eveさんみたいな自分で作詞作曲をずっとしてきた人たちは、ゴーストライターを利用する必要がないような気がします。



Eveはゴーストライター?みけねこのLINE流出についてでした!

以上Eveはゴーストライター?みけねこのLINE流出についてお伝えしました。

この記事をまとめると

  • みけねこさんのLINE流出画像からEveさんのゴーストライター疑惑が浮上
  • Eveさんのゴーストライターの可能性は低い
  • ゴーストライターは、1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金に処される

です!

Eveはゴーストライター?みけねこのLINE流出について気になっていた方の参考になれば幸いです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次