佳子さまの通訳は誰?ギリシャ訪問の女性通訳がかわいい

この記事では、佳子さまの通訳は誰?ギリシャ訪問の女性通訳についてまとめています。

  • 佳子さまがギリシャを訪問
  • 佳子さまの女性通訳は誰?
  • プロフィール
  • 外務省通訳担当官とは?

についてお伝えしていきます!

結論から言うと、外務省のエリートの可能性が高いです。
目次

佳子さまがギリシャを訪問

国際親善のため5月26日からギリシャを訪問されている佳子さま。

タイトなスケジュールの中、笑顔で公務を全うされている佳子さまの姿は日本の誇りですよね。

佳子さまの対応が注目される中、服装も日本では注目を浴びており、佳子さまが着衣されていた服は即完売するほど人気があります。

佳子さまおしゃれだよね!

和装からカジュアルなコーデまで幅広く着こなす姿も美しいです。

一説によると佳子さまが着衣されている服は、眞子様が着ていた服の可能性もあると噂になっています。

 

そんな佳子さまと同じように注目を浴びているのが、通訳の女性!!

SNS上でも噂になっています↓↓

佳子さまの隣に映る黒いスーツを着た女性。

凛とした姿が美しく、時折見せる笑顔がキュートでGAPがあります!!

こちらの女性がかなり気になったので早速調べてみることにしました。



佳子さまの女性通訳は誰?

佳子さまの女性通訳が誰なのかお伝えしていきます。

結論から言うと、外務省の通訳担当官の可能性が高いです。

こちらの女性について調べてみると、、、

プロフィール

名前 不明

年齢 不明

出身地 不明

職業 通訳担当官

と情報が全く出てきません。

 

通訳の女性を見るからに年齢は20代半ばくらいに見えます。

肌艶が良くて少し童顔美女という印象!!

ギリシャ語をマスターするって本当に凄いですよね。

通訳の女性のプロフィールが判明次第追記していきます。



外務省通訳担当官についてお伝えします

外務省通訳担当官についてお伝えします。

外務省通訳担当官は、総合職と専門職員の方が通訳担当官への道を歩めます。

総合職の方は、7言語の1つを指定されて研修を受けることが出来ます!

7言語は、英語,フランス語,ドイツ語,スペイン語,ロシア語,中国語,アラビア語のことを言うよ!

年によっては朝鮮語もあるんだって!

専門職員の方であれば7言語を含めた40ヵ国語を以上の中から1つが指定されるとのこと。

適正等を判断して指定されるみたい!

自分の選んだ言語が確実に勉強出来るわけではないようです。

通訳担当官になるには過酷な研修を乗り越えなければならない

通訳担当官になるまでには、とても過酷な研修を受けて乗り越えなければならないのです。

1年目は、国内研修で選んだ語学の基礎を徹底的に勉強するとのこと。

一回の授業で20通りの例文を頭に叩き込み授業に望まないと、授業に追いつかないそうです。

 

しかも、文章を覚えるだけではなく発音も完璧に出来ないといけないそうで、毎日深夜まで勉強しないと間に合わないとのこと。

キツすぎる。

 

国内研修が終わると、2年目からは在外研修といって現地の大学にいって語学を勉強するそうです。

ここでも留学生として勉強漬けの毎日を過ごすようで、大変な日々を送るとのことです・・・

そして、無事に在外研修を終えると大使館など在外公館の勤務を行うことができるのです。

通訳担当官は誉れ

大使館など在外公館の勤務で、通訳としての適正を見い出せば通訳担当官として抜擢されることになります。

通訳担当官に選ばれると「語学のスペシャリスト」として認められることになるのです!!

外務省の通訳担当官は、まさに誉れであり辛い研修を経て、認められた後に得られる名誉!

 

丁寧に通訳を行わなければ国益に直結する可能性もあるため、責任重大。

経験された方の話を閲覧させていただくと、言葉を選ぶ難しさを感じました。

 

今回佳子さまの通訳を担当された女性の方も笑顔を見せていますが、かなり緊張されていると思います。

そのプレッシャーをも跳ね返す彼女のメンタルの強さ、そして公務がスムーズに進行するように滞りなく仕事をこなすスマートさは、彼女のスキルなのでしょう!!



佳子さまの通訳についてでした!

以上、佳子さまの通訳は誰?ギリシャ訪問の女性通訳についてお伝えしました。

この記事をまとめると

  • 佳子さまの女性通訳の名前はわからず
  • 年齢は、推測20代半ばくらい
  • 佳子さま女性通訳は、外務省の通訳担当官の可能性が高い
  • 通訳担当官は、外務省の誉れ

です!

佳子さまの通訳について気になっていた方の参考になれば幸いです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次