宮崎敏郎のブルーシートは何?打球が頭部直撃して怪我した時の青い幕

この記事では、宮崎敏郎のブルーシートは何?打球が頭部直撃して怪我した時の青い幕についてまとめています。

  • 宮崎敏郎選手が試合中に怪我
  • 宮崎敏郎を囲っていたブルーシートの意味は何?

についてお伝えしていきます!

結論から言うと、選手に対しての周囲からの刺激を減らすためとのことです。
目次

DeNA宮崎敏郎選手が試合中に怪我

5月10日DeNA対阪神戦の試合中に怒った出来事でした。

6回表阪神タイガースの攻撃中、阪神井上選手の痛烈なゴロをDeNAの宮崎敏郎選手が捌こうとした瞬間、ゴロがイレギュラーして宮崎敏郎選手の頭部に打球が直撃しました。

宮崎敏郎選手は、その場でうずくまり球場が静まり返ったのです。

 

10分間試合が停止し、宮崎敏郎選手は直後に担架で搬送されました。

かなり痛そうだったね。

宮崎敏郎選手の状況について三浦監督は、「頭部打撲、明日以降の状態を見る」とコメントされています。

何もなければいいですけど、、、

心配です。

 

今回宮崎敏郎選手が担架で搬送される時にブルーシートで囲まれて搬送されていきました。

ネット上では、宮崎敏郎選手が搬送された時のブルーシートの意味について質問が上がっていました。

宮崎敏郎選手を囲っていたブルーシートの意味は何?

ということで、今回は宮崎敏郎選手を囲っていたブルーシートの意味について調べてみました。



宮崎敏郎選手を囲っていたブルーシートの意味は何?

宮崎敏郎選手を囲っていたブルーシートの意味についてお伝えします。

結論は、冒頭でもお伝えしたとおり、選手に対しての配慮で周囲からの刺激を減らすためとのこと!

元DeNAのトレーナーさんがXで投稿されていました。

他にも、

  • 選手に対しての刺激を減らすこと
  • 刺激によって避けたい反応や動きが起きてしまうことがあるため
  • 対応するアスレティックトレーナーが集中しやすい環境を整えるため
  • プライバシーの保護

と言われていました。

特に今回については、宮崎敏郎選手の頭部に打球が直撃しています。

頭部は、脳があるため大変危険な場所です。

視界から入ってくる情報でパニックに陥る可能性も考えられます。

 

選手がパニックに陥るとトレーナーも対応しづらい状況になり、治療に専念出来ません。

環境を整える意味でもブルーシートで囲っているのでしょう。

周囲への配慮も含まれている

ブルーシートを利用する意味として周囲への配慮も含まれているのではないかと筆者は思います。

その理由は、選手の怪我した状況をファンに見せたくないからです。

 

今回は頭部打撲で出血がないとのことでした。

しかし、仮に出血していた場合、ファンの中には血が苦手な方もおられるでしょう。

また、骨が折れていたりした場合に手足が違う方向に曲っていた場合、トラウマになる方もおられます。

上記のように怪我の状況を見たことによってトラウマになるファンの方もおられるので、DeNAはブルーシートを採用している可能性も考えられます。

 

同時に、選手としても痛くて倒れている状況をファンに見られたくないでしょう。

あくまで野球のプレイを見に来てもらっているので、倒れて担架で運ばれるシーンはできるだけ隠したいもの。

 

これらの理由からブルーシートが採用されている意味として周囲への配慮も含まれていると思います!



ファンの反応

ファンからも宮崎敏郎選手を心配する声が上がっています。

大事にならないことを祈っています。

早くグランドに復帰してまた華麗なプレイをファンに見せてください。



宮崎敏郎のブルーシートは何?打球が頭部直撃して怪我した時の青い幕についてでした!

以上、宮崎敏郎のブルーシートは何?打球が頭部直撃して怪我した時の青い幕についてお伝えしました。

この記事をまとめると

  • 宮崎敏郎選手を囲っていたブルーシートは、選手に対しての配慮であり周囲からの刺激を減らすため
  • ブルーシートで囲うことで、トレーナーも対応がしやすい
  • ファンへの配慮も含まれている

です!

宮崎敏郎のブルーシートは何?打球が頭部直撃して怪我した時の青い幕について気になっていた方の参考になれば幸いです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次